読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうしたらサッカーが上手くなるのか?ひたすら努力を続けることだ

f:id:jdb0116:20170428163624j:plain

 

「シュートが上手くなりたいけどどうしたらいい?」
「パスが上手くなりたいのでコツを教えて」
「ドリブルが上手くなるにはどうすればいい?」
など、よく聞かれる。

 

正直言って、上手くなる方法やコツはない。
ひたすら努力を続けることだ。
努力を続けることで、自分なりのコツを発見できるのだ。

 

ネットや本屋で探せば、「上手くなる方法」なんてものはたくさん出てくると思う。
「いいシュートが打てる方法」とか
「メッシのようなドリブルができる方法」など、
色々な本がたくさん並んでいると思う。

 

例えば、明日集合時間に間に合わせるようにするためには何時発の電車に乗ればいいかと思っていたら、ネットで調べるだろう。
それと同じ感覚で、「上手くなる方法」をいろいろ調べれば分かるのだ。

 

分からないことを人に聞くな!という意味ではなくて、
まず自分から調べて自分なりに工夫して、
こういう蹴り方すればいいんだな、
こういう感覚でタッチすればいいんだな、
と試行錯誤する習慣を身に付けてほしいということだ。

 

そうすれば必ず最適な方法が見つかる。

自分はそもそも「上手くなる方法」なんてものはなくて、
すべてが試行錯誤を重ねていくものだと思っている。

 

自分はパスが上手くなるためには、
どのような力加減で蹴ればいいのか、
ボールのどの辺りを蹴ればいいのか、
どのタイミングで蹴ればいいのか、
疑問やアイデアを次々に試してきた。

 

試行錯誤していくうちに、うまくいったものがいくつか見つけたのだ。
結局、やり方やコツの問題ではなく、自分なりに何度も工夫して繰り返していくことが大事なんだと思う。

 

ひたすら努力を続けること。
自分だって誰でもできることしかやってないし、自分だからできることなんてないのだ。