読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガンバ大阪の宇佐美選手はバイエルンに移籍してさらに強くなった

f:id:jdb0116:20170426205118j:image

 

ガンバ大阪の宇佐美選手とホリエモンの対談を読んでみて共感を持てる部分があったし、大変興味深い内容だった。

 

宇佐美選手は、19歳の時バイエルン・ミュンヘンに移籍したけど、
この移籍は失敗ではなく成功だったんじゃないかと自分はこう思う。

 

宇佐美選手は日本では天才と呼ばれていて、小さい頃からずっとチームでは中心となり頂点にたってきたんじゃないかな。
しかし、バイエルンではリベリやロッベンといった世界的プレーヤーがいることで、宇佐美選手は「力のなさ」を初めて味わったんだろう。
バイエルンでぶつかった大きな壁や世界レベルの厳しさを味わったからこそ、今の宇佐美選手がいるだろう。


自分の経験上言わせてもらうと、
常に現状に満足せずレベルの高いところでサッカーやった方が選手として強くなるし上手くなる。メンタルも強くなる。

自分がどれだけ下手なのか、
自分がどれだけ弱いのか、
それらを身をもって実感することができる。

選手として人間としてもっと成長したいなら、今より厳しい環境でサッカーした方がいい。

慣れた環境でサッカーをすると緊張感がなくなりダメになる。
成長したいなら、自分を追い込む必要がある。
楽なことを考えないことだ。


今後も宇佐美選手を応援します!
がんばれー。