読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうすればボールへのアプローチ(寄せ)が速くなるのか?

先日、守備時、速く厳しくボールに寄せる。という記事を書いたけど、

アプローチが速くなれるようにするためにはどうしたらいいのか色々考えてみた。


試合では、ボールホルダーに厳しくプレッシャーをかけないと点を取られてしまう。

 

試合で勝つためには、
・厳しくアプローチする
・スペースを与えない
・考える時間を与えない
といったハードな守備が重要だ。

 

厳しいアプローチが当たり前にできるようになるには、日頃のトレーニングから意識していかないといけない。


ボールホルダーもしくはボールをもらいそうな選手に素早くアプローチすることで、相手は冷静にプレーできなくなるはずだ。
自分だってそうだ、厳しいプレスをかけてきたら冷静にプレーできるのは難しい。

アプローチをかけることで相手が慌ててボールコントロールが甘くなった瞬間にボールを奪えばいい。
奪えなくても、相手に余裕を与えないように厳しくプレスをかけつづける。

この2つを徹底的に意識しながら守備してみる。


で、ボールホルダーにアプローチするタイミングは、
常にマークの選手の位置を把握していつでもアプローチできる距離を保つ。
そして、ボールがパスされた瞬間に、インターセプトを狙う、難しかったら厳しいアプローチをかける。

マークの選手がボールを受ける時は、少なくともボールが来るまでは動けないはずだ。立ち止まる。

だから、ボールがマークの選手に来るまでできるだけ素早くアプローチするように努力する。
アプローチとは、近づくということだ。

ダッシュ力や細かいステップができるように磨く必要がある。


厳しくアプローチする、これが当たり前にできるようにならないと厳しい。
日頃から意識しながらトレーニングする!